癌によるEDと精力剤の効果

ED治療薬は癌や糖尿病、動脈硬化による勃起不全にも効果があるので、精神的なストレスが原因のED以外の人にも処方されますが、効き目に関しては個人差があるので、癌ができている部位によっては勃起できない場合もありますが、ペニスの周辺の血管や筋肉などが維持されていればED治療薬によって勃起することができるので、前立腺癌の治療のためにホルモン補充療法などを行っている場合でも医師に相談をして、ED治療薬の処方を受けることでパートナーとのセックスが可能になる場合があります。しかしED治療薬は性欲を高める効果がないので、前立腺癌などの治療のためにホルモン療法をして性欲が低下しているとセックスができない場合があります。精力剤の成分として一般的なのはアルギニンで、この成分は勃起を阻害する物質の働きを阻害することができるので、セックスの時にペニスに流れる血液を増やすことができます。またスイカやトマトなどに含まれているシトルリンという色素にも同様の効果があるので、精力剤にはどちらの成分も含まれている場合があります。アルギニンは鶏胸肉や納豆などに豊富に含まれている成分なので食事のメニューにこれらの食材を取り入れることで精力増強することができます。精力剤は基本的には勃起改善薬の成分を含んでいないので、食生活や精神的なストレスなどを十分にコントロールしないと勃起できない場合がありますが、筋肉の疲労回復の効果もあるので、中高年になって減少した筋肉を増やす場合にはアルギニンを摂取すると効率的に疲労を回復して、筋肉を増やすことができます。筋肉が増えると男性ホルモンの分泌量が増加するので、性欲が高まり、積極的にセックスができるようになります。