亜鉛は大事な必須栄養素とED治療薬の薬名による違い

亜鉛は男性の性機能を効率良くサポートする栄養素です。
ビタミンやカルシウムに比べて若干知名度は低いですが、妊活の分野では最も優先的に取りたい栄養素として有名になりました。
現代人は亜鉛の摂取量が減ってきているため、これによって慢性的な精力減退を抱える男性陣も目立ってきたのです。

EDの遠因にも亜鉛不足が挙げられており、EDのリスクを回避し、妊活を成功させたい夫婦はまず食生活の改善をスタートさせましょう。
コンビニ弁当やファストフードは食塩や糖分が高い割に亜鉛やマルチビタミンの含有量が少なく、出来れば妊活時は食べるのを避けたい食事です。

亜鉛を豊富に含有する男性向けの食材としては、牛肉やチーズ、豚レバー、カキ、ココア、ゴマ、卵等が挙げられます。
洋食によく使われる食材が多いのが特徴であり、欧米の男性が性的に元気な事の理由としても考えられるでしょう。
牛肉は特に亜鉛と良質なたんぱく質が同時摂取出来る有能な食材です。

ただ、亜鉛をきちんと取っているにも関わらず、ペニスの働きにムラが激しく現れる方は、既にEDになっている疑念がありますので、クリニックに向かった方が良いかもしれません。
クリニックに行けばED治療薬の処方が受けられます。

薬名によって飲み方が変わるため、クリニックに行った後は処方されたお薬の種類を再確認したいところです。
薬名バイアグラが最も国内で有名なED治療薬ですが、最近は薬名がレビトラ、シアリスといった新しいタイプの医薬品も処方されています。

薬名がバイアグラやレビトラであれば、子作りセックスの直前に飲まなければいけません。
薬名がシアリスであれば、夜の営みを開始する1時間前から3時間前に服用しなければいけませんので、クリニックに行った際は、最適な使い方を医師に質問した方が良いでしょう。